KOSHIKEZ

TaraLog/1997-05-30

エロ穴〜奥さん丸見えですよ

 ...すごいタイトルのビデオだなあ。どーにも帰ってきてパソコンの前に向かうでしょ、そんで日記書こうと思う とタイトルがなかなか浮かばない。どーしても最後に見てしまった文字で、ねえ?(同意求められても困るが)丸 見えでもなんでもないのだけれど人妻とはネット上で友達になったぞ、えっへん。お顔は丸見えでプリティなかた なのでいってみよう。しかしたらこの友達がなめこってのもできすぎだなあ。
「裏切り者の中国史」を読み終わって、オレのなかではものに名前を付けるときにホンタイジだとか耶律楚材だと かつけるのがブームになっている。職場のフォルダーはそんな名前ばっかだものね。で、今はアジアの護符ものを 読んでいるのだがなかなか頭に入ってこない。文体が変わったせいかもしれんが、そんなわけで手を伸ばしたのが 夏目房之介の「名作」「名作2」だ。夏目漱石の孫というのは知ってる人は知っていることであろうが僕にとって は「飛んでるバカ本」とかの豆本シリーズなどで皮が剥けはじめた時分の(すごい表現だなあ)少年汁を思い起こ す。ナニより作風だとかテーマとか、画風だとかが好きな人だ。最近はめっきり新作をかけずにいるオイラだけれ どちょっとがんばってみようかな、という気分にさせてくれた。「映画の名作」でやってみてもいいかなあ。おお つぼマキあたりが以前そんなのを連載していたが。もしかしたら今はオマージュよりも自分のなかの膿を出したい 時期なのかもしれんのお。

お手紙のようなもの

 この半年の間で、えらくアジアの映画ばかりを観に行くようになった。理由は面白いから。5、6年前はもっぱ らフランス映画ばっかりだったのにねえ。今年に入ってからひーふー...香港6本台湾3本1中国本韓国1本かあ、これ は面白いから、だけの理由ではないのです。昨年10月位より「少しは宣伝しないと誰も見に来てくれないよ」とま じんさんのページにリンクはってもらって(すんません、リンク集滞ってるよな。数日中になんとかするっす)、 ついでにチャットのほうにも紛れ込ませていただきまして、そんときにアジア映画に詳しいともだちもできまし た。自分のリミッターをはずして映画について話し合うことができるのは至福のときだなあ。んなわけで、公開作 もめきめき増えたこともあって今年に至っているのであります。でもメールとかめっきり書いていなくて(これで はいかんよ、ちみ〜)もう何週間も連絡をとっていなくて申し訳ないことをしている。でも、僕のなかでは血にな り、肉となっているです。リニューアルを機に絵は描けなくても評は書いていこうと心に決め、今回「香港」もの のそーかつに入ろうとしています。今日、メールも出そう。仕事が忙しくても人形は顔が命!

#includesubmenu Counter: 0, today: 0, yesterday: 0

TrackBack List

#tb

;CONG;ICON THX!

http://www.japonet.com/~dot/image/dot.gif http://homepage1.nifty.com/KUMAZO/images/k/kid01.png

;NETSE;ネトetc...

http://www.kt.rim.or.jp/~sokohaka/hof.gif http://www.unique-id.co.jp/kk_image/kanshin88x31.gif

&htmlinsert(bloglines.txt);