KOSHIKEZ

TaraLog/2002-07-03

:SOTOM:新宿ザ・エンジェル

  COLOR(TOMATO):りた姐 の情報により、本日まで全ドリンク500円均一!ポテト半額!開店一周年記念!((これが一番最初にくるべきだが))という新宿歌舞伎町のアイリッシュパブに。
 先週土曜日、無性にギネス注入に駆られるもHUBは4時もしくは5時開店で涙をふいて家に帰った経緯もあり、かつ、1パイントが労働者階級にごくごくきゅといける値段でないことに日本という国のおかしさを思いながら過ごしていた。まだ労働者階級に手の届きにくい値段であることは否めないがここは映画ファンサービスデーで浮いた金握り締めていくしかないでしょう。ということで初のパブ、ひとり潜入。また大人の階段をのぼる((H2O。但し((たらこせるはシンデレラではない))たらこせるだ。
 コマ下あたりだよな、と駆けつけ失敗。階段をもどって東宝口に看板を発見する。気づけば上映時間30分を切っている。急がねば。
 一周年だ、祝いやがれ、という店頭を予想していたらぜんぜんそんなこともなく、まだ6時をまわったところ故なのか人の影も少ない。カウンターには英語で話しかけている中国系だか日本人だかわからないおっさんがバーテンに話している。日本語大丈夫なのかなあ、と思ったが「ギネス1パイント」で通じた模様。メニューもない状態で、非常に一見の親しみにくそうな感じ。んがそのほおりだされ具合もまたよし。
  COLOR(TOMATO):りた姐 情報によればポテトも250円ということなので、メニュー確認もせずに注文を入れる。が、情報は正しかった。日本人のバーテンに支払い、待つことしばし。けっこう時間がかかって出てきたポテトはほっかほかでかつ一人で食う量ではなかった。しかしなんとか詰め込む。ここで上映時間はあと5分ほど。あちっ、揚げたてで口内をやけどする。口蓋べろべろ。ああ、1パイントの夢は既にきれそうなのにポテトポテト。きちんと時間の余裕のある状態でこいということだな。

:CINE:セッション9inシネマスクウェアとうきゅう

 ムリくりポテト詰め込んだ状態でチケツに。満席に近い状態だという。しかし、「頭痛がなけりゃ突撃」とかみさんに宣言した手前、都内でのみ鑑賞できる作品は観ときたい。意を決して参戦すればなるほど空席はあるものの結局一番前の席になりました。
 口の中のやけどを気にしながら、ソウルはキュッと。下手な幽霊よりもやっぱり人間がコワイよな、とツボのわかっているつくりで幸いです。映画の中は塵にアスペクトうずまくなかだったが、映画ファンと思しき((予告編でくひゃくひゃ笑っていました。映画好きな人は過反応される方が多く、アメリカ人になりたいんだなあと思います。映画本編ではくひゃくひゃ笑う場面がなくて残念、というかなぜこれを選択したのか。地下一階の映画であれば最後はオベージョンも楽しめるだろうに。足球。))。通路をはさんで隣のおっさんが靴を脱いで足組。靴下のにおいと戦いました。映画館はどんなときもバーチャルリアリティだなあ。
 まだ文芸座が新になる前のこと、そこで見た COLOR(darkorchid):「妹の恋人」 の際も銀幕に向かって突っ込みを入れるおっさんが立ちひざついてツーンとさせた思い出がある。この映画も足の臭いとともに記憶されるのだなあ、イヤですか?

#includesubmenu Counter: 0, today: 0, yesterday: 0

TrackBack List

#tb

;CONG;ICON THX!

http://www.japonet.com/~dot/image/dot.gif http://homepage1.nifty.com/KUMAZO/images/k/kid01.png

;NETSE;ネトetc...

http://www.kt.rim.or.jp/~sokohaka/hof.gif http://www.unique-id.co.jp/kk_image/kanshin88x31.gif

&htmlinsert(bloglines.txt);