KOSHIKEZ

TaraLog/2003-02-06

  • ほんとは休んででも見たい伯剌西爾VS英蘭戦。テキストライブで、か。

:SHOP:パルコブックセンターへ。ニコロデオン関連書類はあの洋書の山からは...ちょっと探したくない気がした。

  • 映画秘宝
    • お久しぶりだなあCOLOR(indianred):ララ・フリン・ボイルCOLOR(BLACK):。考えてみたらもうCOLOR(darkorchid):「ツインピークス」COLOR(BLACK):からもう10年近くたつんだよな。

#img(http://www.xiaopu.net/d_img/cd_hajimechitose.JPG,R)

  • 元ちとせ「元ちとせ」
    • 1stってインディーズなのかな?メジャーで現在ヒット中のものよりまずこっからだろう。 #clear

:SPORTS:FIFAワールドカップ Round for 8 イングランドVSブラジル

#img(http://www.xiaopu.net/d_img/reboldnano.jpg,L)  いよいよ「いちばん見たい」試合が開始する。なわけだがもちろん3時半キックオフにブラウン管もしくは液晶モニタの前に立つわけにもいかず。
 んでもって購入したダイエットコークのおまけは COLOR(TAN):リバウド 。にーてーねー...んだが前回の COLOR(TAN):トッティ に続き、なんだかこの引きは何かあるととらえていいんだかどうか。風が少しでも英蘭に吹いてくれればよいのだが。
 そんなおり COLOR(tomato):槙島りた が仕事をサボって観戦に行くという。 SIZE(7):+激しく+ 嫉妬 。ぬぬぬぬぬ。残しておけ、切り札の有休。って今年20日以上ありますが
 結局テキストライブで観戦。今回の大会、ウルグアイVSセネガル、日本VSトルコなど大事どころについてはテキスト観戦ばかりだ。終わってみて思ったのだが脳内で「少林サッカー」変換というのはなかなかできないものだなあということ。
 それはともかく、前半のイングランドの先制に踊りつつ、ブラジルのミドルシュートorドリブル突破の攻撃に幅ある展開が望めそうにないのかもと少々安堵していたロスタイム。PC画面に浮かび上がる1-1の文字。本日手にした COLOR(tan):リバウド 。ジンクスは破られた。
 後半開始後、テキストライブ観戦ではなく、仕事中ながらもテレビ観戦を許されたと思しき COLOR(tomato):しば の中継書き込みによってテキストライブの時間のずれがよりリアルタイムに近くなったころ得点の報を聞く。そしてそのFKゴールを決めた COLOR(tan):ロナウジーニョ が一発退場をくらったことも。
 あせってはダメな「王国」ブラジル相手とはいえ、どうなんだイングランド。時間は過ぎていきロスタイムの表示。そして、対トルコ戦の日本やスウェーデンに引き分けることになったアルゼンチンの試合同様幕切れはあっけなかった。
 帰宅後、主要シーンについてはニュースで知った。もちろん俺の脳内変換以上のリバウド、ロナウジーニョのゴールだった。だが、生さ、感情もへったくれのない2バイトの洪水とともに過ごした時間はそれはそれで格別だった。イングランドの挑戦の夏は終わった。前回大会のときのような次大会雪辱、と思えるには COLOR(tan):ベッカム らの年齢を考えるにつけ4年間は長いな、と思う。 #clear #clear

:NETSE:ワンダースワン(モノクロ)購入にあたり調べ物。

 ワンダースワン専用「東京魔人学園符呪封録(とうきょうまじんがくえんふじゅほうろく)」をようやっとヤフオクで競り落とす。本体=モノクロ付。近所で千円以下の中古も手に入るのだが、この際ソフトが手に入るのであればなんでもよし。専用機として遊び倒す所存ではあるのだが、ワンスワには自分でプログラミングもおこなえるということを聞いていたので検索をかけてみる。

 ローグができるとは知っていたんだが、ん、シリアル接続しかないじゃん。レガシーポートはPS2くらいしかないんだよなあ。自分のも業務用のも。USB版はでないのかよう。

;TV; ;SPORTS;FIFAワールドカップ Round for 8 ドイツVSアメリカ

 この試合の勝者と韓国VSスペインの勝者を馬場のHUB観戦となる予定。どちらもイングランドに比べればとくに追っかけるキモチは足りないんだが強いて言えばオッズの高いアメリカのほうか。帰宅したときには既に後半がはじまっており、その後主要部分を振り返っての前半のクライマックスに比べるとどちらも足は止まり勝ちの感あり。アメリカは既に持たされている状態が続き、最終パスは自らのミスもあってかまず通らない。決定的なチャンス「前」で防がれているのだ。結局、ロスタイムの最終攻め上がりもパスカットで終了。しかし、疲れきったのは解説にもあったがドイツのほうだった。で、VTR放映を見てみるとハンドですね、それ、とか。入っていたらえらい騒ぎだったろうループシュートもどき以上の見せ場がこの試合でもあったんだなあ、とため息。

#includesubmenu Counter: 0, today: 0, yesterday: 0

TrackBack List

#tb

;CONG;ICON THX!

http://www.japonet.com/~dot/image/dot.gif http://homepage1.nifty.com/KUMAZO/images/k/kid01.png

;NETSE;ネトetc...

http://www.kt.rim.or.jp/~sokohaka/hof.gif http://www.unique-id.co.jp/kk_image/kanshin88x31.gif

&htmlinsert(bloglines.txt);