KOSHIKEZ

TaraLog/2003-09-28

;SS;巾着田に気が狂うほどに彼岸花の赤

 9月。西武線のところどころに「曼珠沙華」「巾着田」の文字の立ち並ぶポスターが貼られる。一面の野に曼珠沙華。見れば巾着田は高麗にあるという。近所だ。
 「曼珠沙華って気狂い花だよな」
とかみさんに話すと、
 「そうねえ。桜とおんなじでひとつの茎に花弁がたくさんつく花((このへんの表右舷に間違いがあれば俺の聞き取りミスだ。かみさんの言ってる植物話の三分の一も飲み込めない俺である。))だから、そう見えるよねえ」
と響く。学術的な裏づけがひとまずあるのかもしれない。
 だからというわけではないが、この一面の真っ赤な世界は堪能するほかなし、と9月中旬から駅に張り出される見ごろ情報などを見て本日突撃となった。

結局東飯能駅そばを抜けて飯能市街を抜けてしまう罠。

 前回の秩父方面攻めでの飯能市街突破に時間を要した反省からバイパスを進む、も、結局元にもどってしまい失敗。それでも市街の混雑をそんなに受けずにすんでどうにかこうにか飯能突破。で高麗まではほんの少しの距離だった。見覚えのある風景だ、と思っていたら「巾着田」の文字はすぐに飛び込んできて臨時駐車場が呼び込みをやっているのがわかる。奥まですすんでもどうかな、と思ってすぐさま駐車してしまう。歩いて10分ほどで巾着田だということだ。 http:/p.xiaopu.net/albums/dc/old/200309/20030928113944_11655-01_030928_1135%257e01.jpg http:/p.xiaopu.net/albums/dc/old/200309/20030928115110_11675-01_030928_1148%257e01.jpg  てくてく歩いていくと西側の巾着の口側に到着する。蛇行する川の影響で巾着田と呼ばれているのだろうということをようやっと気づく。川の入り口付近で花も見えないが好天ゆえに川遊びしている人々も少し見受けられる。うちの一家も素足になって川遊びに十数分興じた。
 川遊びに納得しないむすこせるたちだったが、人波の続くほうにさらに足を進める。川を隔てて土手となっているところを抜けるとホントに巾着「田」が連なっているのだった。案内所を抜けて、その田を進み、さらにコスモスが咲く畑を抜けていく。もちろんこのコスモス群を見たかみさんがバックに写真撮影を要求したのは言うまでもない。 #clear

コスモスを抜けて巾着の底部分に咲く曼珠沙華

http:/p.xiaopu.net/albums/dc/old/200309/20030928124126_11752-01_030928_1158%257e01.jpg  コスモスの畑を抜けて、巾着で表せばその底に当たる部分が第一の曼珠沙華群生場所。こちらのほうが先に見ごろとなり、東側が少し遅れて見ごろとなるらしい。底部分の川と隔てた緩やかな土手部分に一面曼珠沙華が広がっている。もちろん、観光客もたくさんだ。
 花より団子な、といってもほんの5,6年前は俺も似たようなものだったんだけれど、むすこせるたちを引き連れているとじっくりとその曼珠沙華を眺める余裕などない。それでも両側に咲きほこる曼珠沙華を堪能しようと努力した。 #clear TaraLog/2003-09-28/ichimenman.jpg CENTER:▲群生する曼珠沙華。ぼーっとしたいと思った。 TaraLog/2003-09-28/manshage.jpg CENTER:▲近づけば確かに気狂いな花の様相が感じられる。

 そのまま一時は物見櫓風な建物もあったので巾着真ん中部に戻ったものの、駐車の混雑具合を見るのみ。遠い駐車場だったけどこれはこれでよかったのかも、と思いながら北上し、群生地第二場所に向かう。こちらのほうが見ごろにもう少しということも手伝ってか少々大人びた雰囲気を感じた。
 橋を渡って道路に出たところで見つけたバーガーショップ=といってもチェーン店ではない、にてかみさんとむすこせるを休ませて、父は一人巾着の口部分を横断して車を回収に出かける。西武鉄道のサイトではアップルパイの美味しい店があるとかないとか言うことだったのだが、その巾着の口西側、最初の川の近くの北側にその店はあったのだった。ちょいと残念。だが車を走らせて後、かみさんと話をしたのだが、ハンバーガーショップも個性的な感じで、高麗のこういった店はでかい道路のチェーン群集に比べてよさそうなところが多そうで面白い。また足を運んでみたいものだ。
 その「また足」に拍車をかけたのが帰り道ルート。曲がるべき道を曲がることあたわず、遠回りをした格好になったのだが、考えてみれば圏央道の狭山口は「狭山・日高」。つまりは地続きに近い感じだったのだ。間違えた道をすすむと大川興業の文字。そう、智光山公園近辺に出てきたのだ。これであれば結構気軽なルートであり、足を伸ばすのもやぶさかでない。曼珠沙華以外にも高麗の地を攻めてみたいと思った。

戦利品などで一杯やる。

http:/p.xiaopu.net/albums/dc/old/200309/20030928152837_12163-01_030928_1527%257e01.jpg http:/p.xiaopu.net/albums/dc/old/200309/20030928160026_12206-01_030928_1534%257e01.jpg  真昼間に帰宅。そして戦利品を広げて一杯やってしまう。明日、人間ドッグなのにな。
 実はでみぞうへの一人帰還の際、往路で目をつけていた「黒ゆば」の看板にほだされていて、帰路、この店に立ち寄ってごまざる豆腐を購入した。黒ゆばにも非常にそそられていたのだが車内でブランチとして立ち寄ったモスバーガーのドライブスルーの支払いを俺財布でおこなってしまったばかりに、手持ちナッシン。ので帰る範囲のざる豆腐とあいなった。が、これはこれでピシっとしてて美味し。発泡酒にもあった。
 その発泡酒はというとこれも巾着田でむすこせるを手なずけられて購入せずにいられなかった製作所販売所のタンブラーの上。別に買いたくもなかったのだが100円也。ま、いいか。なのである。 #clear

;NETSE;彩の国、隠しだま((単にたらこせるが知らなかっただけで隠されているわけではない。))多いなあ...

 本日巾着田にて曼珠沙華堪能の旅を行ってきたわけだが、そこの管理事務所のポスターで龍勢なるものの存在を知る。な、何?これ?

吉田町ホームページ
http://www.town.yoshida.saitama.jp/

 自宅で調べてみたら再来週開催なのである。攻めるほかなし。ただ翌日かみさんが試験なんだよなあ...。むすこせるだけ連れて行く?どうするか...。

RIGHT:

#includesubmenu Counter: 0, today: 0, yesterday: 0

TrackBack List

#tb

;CONG;ICON THX!

http://www.japonet.com/~dot/image/dot.gif http://homepage1.nifty.com/KUMAZO/images/k/kid01.png

;NETSE;ネトetc...

http://www.kt.rim.or.jp/~sokohaka/hof.gif http://www.unique-id.co.jp/kk_image/kanshin88x31.gif

&htmlinsert(bloglines.txt);